ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポパイ


日曜日は朝5時出発で琵琶湖(旧彦根湖の辺り)にバス釣りに連れてってもらって、芸能人チキチキ釣り選手権での松っちゃんの言葉を借りれば小銭入れのようなバスを10匹とブルーギルを2匹釣って、肉そば食って、打ちっぱなしにつき合わされフォームをダメだしされ、雨の中原付で帰った後東京で働き始めた友達とスカイプで4時ごろまで喋って、最近のヘビーローテのジャンゴ・ラインハルトによるあま~いLa Merを聴きながらいつも間にか眠ってました。

ゴルフを始めることはないと思うけど(どうも興味が持てない)、釣りは、これはなかなかいいですね。
小学生の頃は放課後になると竿もって川へ行き、エサとなるミミズは現地調達したり、竿がなければ竹を取ってきて糸つけて簡易的な竹竿をこしらえて魚釣りに夢中になったもんです。ニジマスの釣堀行って自分で釣った魚のはらわたを取り除いてもって帰り、その日の夕食に調理してもらったりもしてました。
一度親父が海釣りに幸島(猿小島って呼んでた)の辺りに連れて行ってくれて、僕と弟でキスを数匹とふぐを一匹と名前がわからん赤い魚を一匹釣ってその場でバーベキューしたことがあります。もちろんふぐは手に負えなかったのでリリースしたけど。
潮が引いて猿小島に歩いて行けたし、野生の猿も芋洗ってたし、あれは今思えば楽しかったです。

しかしバス釣りというのは何故用語が横文字ばっかりなんでしょう?「ウィードに気をつけろ」って言われても何だかB級のスパイ映画みたい。ちなみに水草のことだそうです。世界史を習い始めた高校生のような気分です。


こんなこともありました。昨日の釣りの話。

釣りをする僕たちの後ろの藪から猫が2匹(三毛猫と白猫)現れて、誰かが魚をあげるのを今か今かと待ち構えていました。そんな姿を見せられると「よ~し、まっとれよ」と、何とか彼らにご馳走を献上したいと思ってこっちも燃えてきました。そのときちょうど、僕を釣りに連れてってくれたNさんがヒットし、魚を水からあげると三毛猫の方がダッシュで近づいてきました。でも手でつかむ前に魚がピョンと逃げてしまうと、猫は「はっ」とした表情を浮かべピタっとその場で動きを止めてしまいました。思わずNさんも猫に向かって「ごめ~ん」と言いました。すごくかわいそうなことをしたけど、トボトボともう1匹の方へ帰るその悲壮感たっぷりの後姿は愛らしいことこの上ないといった感じです。
ちなみにその後すぐ隣の男の子に当たりがきて、見事猫たちに魚をあげていました。よかったなドラ猫!
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ワルマネット2, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。