ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケータイがそろそろ限界に近づいている。遂に着信音が聞こえなくなった。そろそろ買い替え時かな。
ドコモ→J-phone(vodafone)→au→ドコモと一通り持って、今ドコモが4年くらい。
次に買うとしたらソフトバンクかな、とは思っていて、iPhoneもいいなぁと思っていた。
メールはうちにくいやろうけど、ほとんどメールしないしiPod持ってないしちょうどいいかな、なんて思ってて。
それでこないだ会った友人がiPhoneを持っていたので色々見せてもらった。
彼は仕事柄実際に使ってみる必要性を感じて買ったらしいのだが、結果的に言うと僕はその最新の携帯式端末が僕の人生にもたらしてくれるであろう必要性をどうしても見つけられなかった。
僕たちはテレビ塔の近くのYURIというジャズ喫茶にいた。古い木の温もりと古いレコードで出来たいささか古い店だ。その店にいる時は少し大きすぎるくらいのスピーカーの音量に負けじと少し大きめの声で喋らなければならない。僕たちが店に入った時ソニーロリンズがかかっていた。後は分からなかった。「これはなんて曲だろうね。」僕は彼に尋ねる。彼はおもむろにiPhoneを取り出し、無料でダウンロードできる「アプリケーション」を使って、ちょちょいと操作した。すると、今店内でかかっている曲情報が手のひらサイズより少し大きいディスプレイに表示された。
僕は思わず感嘆の声をあげた。すごい。テクノロジーはついにここまできたか、とそういう意味だ。
車でカーラジオを聴いているとたまに思うことがある。これは一体誰の何という曲なのだろう、と。もちろんHPを見ればラジオのオンライン曲目リストで確認は出来るのだが、僕の場合ラジオを聴くのは車に乗っている時で、車に乗っている時は仕事をしている時だけだから、よほど暇でない限り「今日の3時8分に79.5HzのFM放送ででかかっていた曲は何だったのだろう」とそのラジオ局のHPをチェックすることなどない。そして今の僕の仕事には「よほど暇」という時間はない。僕は日々忙殺されている。そんな時こういう端末を持ち歩くということは、それなりに、というかかなり便宜的なものに思えたのだ。

店を出てコンビニで缶コーヒーとタバコを買い、近くの植え込みに座った。
とりとめのないことと、とりとめのないとは言えないようなことを喋っていた。
「iPhone買うん?」と彼は言った。
「どうしようかな。でもさっきのあの機能は便利だと思う。他のゲームとかはいらんからあれだけのために買ってもいいかもね。」
「曲情報がでるのはiTunes Storeにあるやつだけやけどな。」
「でも便利には違いないね。…でもそうしてコミュニケーションが死んでいくんやね。」
自分がそう口に出すまでほとんど意識していなかったのだが、何故か口をついた。
4秒くらい後僕は4秒くらい前にそう口にした自分に少なからず感心した。変な話だけど。
ああ、そうだよね、やっぱりお前もそう思ってたんだといった感じだ。

情報の一方通行であるラジオとは違うのだ。ましてや有線放送を垂れ流しているファミレスでもない。こだわりに捕われた少し頑固な店だ。CDは置いていません、やはりジャズはレコードで聴くにかぎりますよ、とかそういう類の捕われ方だ。偏狭といえば偏狭なのかもしれない。でも僕はそういうお店は好きだ。音楽というものに対する基本的な姿勢だと思うし、自分の中で何かしらそうありたいという憧れさえある。
話を戻そう。iPhoneだ。僕が思うのは、何故そんなめんどくさいことをしなくちゃならないのだろうということだ。気になった曲はそこの店員に聞けばいい。すいません、今かかっているこの曲は誰の何という曲でしょう。シンプルだ。とても自然なことだ。なのに何故「最新の」テクノロジーを搭載した数万する携帯電話(そうなのだ、これは携帯電話なのだ)をPCに繋げてネットに繋げてアプリケーションをダウンロードしインストールするのか、その必然性がわからない。そしてそれはそこに存在するべきだったコミュニケーションが死んでしまったのだということを示していた。
スポンサーサイト





これを読んで
やっぱりワルマさんの綴る文章、すきだなぁ、
と言いたくなった、ので
言ってみました。

コミュニケーション発生。
【2009/11/06 23:24】 URL | あひる #-[ 編集]

>あひるさん
お!発生した!おひさしぶりです。
なんか暗い面ばかり見てると言われればそれまでですけど、「便利さ」に対して、そう易々だまされんぞ!って感じでいきたいんですよね。
【2009/11/07 21:42】 URL | わるま #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ワルマネット2, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。