ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中学生。
プレハブ校舎のむき出しの鉄製の階段の下で、小さな悩みもあったけど、それ以上に何か自分や他人やそういう人生とか色んなものを考えて恐くなることがあった。
それが全てだった気がする。多分そんなことはないんだけど。

高校生。
自分を騙してた。
騙して騙して、逃げることは許されないと思っていた。
逃げたら負けだと思っていた。
勝ち・負けってのが頭から離れなかった窮屈な3年間。

予備校生。
ひとつの目標に向かっていた。
外を見ることも自分では許さず、一生のうちにこんな時間があっていい、と慰めていた。
それでも辛さよりも爽快なものがあった。
目に見えて努力の成果が現れる、それは快感でもあった。

大学生。
飛び込んだはずだったのに放り出されていた。
少なくともそう思った。
今までの人生を映画で見ていたら、
突然紙で画面が覆われ、ジリジリとゆっくり腐りながら焼け落ちていく、後には青色のモザイクしかない、そういう感覚だった。
今もそのまま。
時間で区切られて、
軽い喪失感。

現在に至る。



スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ワルマネット2, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。