FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大垣に着いたら米原行きの電車が遅れているという。

人身事故のせいだった。

人に迷惑かけずに死ねばいいのにね。

窮屈な四人席ではそういう会話が繰り広げられる。

人が死ぬことより電車が遅れることの方がよっぽど深刻そうで。

「自殺をするなら電車は止めとけ。お金の面でも遺族に迷惑をかけるし、多くの人に疎まれる。」

こういう類の言葉を聞いたことはないだろうか。

僕はそこに、何か死にたいして、私はこれほどまでに軽薄でいられる、という妙な自己満足を感じる。

いつからか、われ関せず、他人の死に無関心に振舞えることができる、それ自体に卑しい優越感を覚えた人たち、そう見えて仕方がない。

僕はやはりひねくれているのだろうか。

自分ではどうしようもなくまともすぎると思うんだけど。
スポンサーサイト





外国で飛行機が墜ちました
ニュースキャスターは嬉しそうに
「乗客に日本人はいませんでした」
「いませんでした」
「いませんでした」
僕は何を思えばいいんだろう
僕は何を言えばいいんだろう

*

イエローモンキーの「JAM」
これをきいたときに
ああ同じことを思っている人が
ちゃんと世の中にはいるんだって
びっくりしてうれしかった

外国で飛行機が墜ちても
亡くなったのが日本人じゃなければそれでいいのか?

でもその外国に自分の大切な人が行っていたとしたら
「乗客に日本人はいませんでした」
その知らせに心から安堵する人もいるよね

みんな自分の人生でいっぱいいっぱいなんだよ

それでも自分がなくしたくないものは
持っていることができると思う
【2007/09/06 23:02】 URL | あひる #-[ 編集]

みんな自分のことで精一杯なんです。本当それはそうなんです。ぼくだってそうです。

正直人身事故で電車が遅れるという知らせを聞いて、やっぱりちょっとイラってしてしまいます。
人に迷惑はかけるなよ、って思います。

でも、
外国で落ちた外国の飛行機に日本人がいなかったというのを、あくまで客観的な情報を伝えるという役目のマスコミが(実際には客観的な情報などありえないのでしょうが)、その役割を
ニュースにおいて果たすのは何の疑問も感じません。
うれしそうだと感じたこともないからかもしれません。
うれしそうに言ってたらクソッタレに思うやろうけどそこまで腐ってたら救いようがないですよね。だからまだ大丈夫なはずです。



僕が言いたかったのは、

そんな状況でわざわざ大きい声を出して、「迷惑だ。かって死んでくれ。ふざけんな。」
と言うことで、

私はこれだけ死を軽く考えることができるのよ、

とでも言いたげな、程度の低い憂鬱が存在している。ということです。

それをわざわざまわりにアピールしたいような、態度、会話。

昨日の電車での出来事はこういうことです。

日記では言いたいことが伝わってなかったのかもしれません。

いきりあがった高校生が彼女を妊娠させたという話を何か自慢するように「まいったな」「お前ちゃんとゴムつけろよ」「だってだりーじゃん」「これだよコイツ」「アハハ」
みたいな会話と似ています。

これも実際マクドで隣に座った脳みその足りてないバカ高校生が喋ってたクソみたいな内容です。




そういう怒りが背景にありながら書いた日記でした。コメントのほうがよっぽどながくなっちゃいました。
【2007/09/08 01:41】 URL | ワルマ #-[ 編集]

それはたしかに外国の飛行機事故の話とはちがうね

程度のひくい優越感というものの存在について

ああでもあたしは
「こんだけ大変な経験をしているけど
たいしたことないって思ってるよ」
というアピールをわざわざしたがるようなところがあるなぁ
それは自虐的な方向の発言なんだけど
「家族が自殺すると他殺の可能性も疑われて警察から話聞かれるんだよ」
「母親が重病でおんなじ病室のおんなじ病気の人たちは次々に亡くなっていくよ」
あたしはわざわざ得意げに言っているかもしれない
そういうことが言えるくらいに平気だよってアピール
そこにあるのは優越感かもしれない
それってマクドの高校生といっしょか?
違うって言い切れるか?
って考えたら頭こんがらがってきました
なんかあたしは優越感によっかかって生きているんです

どんどん話をずらしているようでごめんなさい・・・・

外国の飛行機事故の話
歌詞のなかの「うれしそうに」を省くとしても
あたしはやっぱりひっかかっちゃうんだよね
日本向けに放送するから情報を日本人にだけしぼるのは
あたりまえのことかもしれないけれど
フィルターってか日本用にするときに
外国人の命が切り捨てられてしまっているような気がして
それでいいのだろうか、って思っちゃうの
自分とは遠い人の命だとか死だとかを
あたしたちはバサバサ切り捨てて日々生きている
そうしなきゃやっていけない
でも意識しないように切り捨てた部分、見ないようにしている部分で
今日もいろんなことが起きているんだよね
【2007/09/08 04:09】 URL | あひる #-[ 編集]

自分におこったことをなにか得意げに話してしまうのはわかります。

あひるさんは背景に重い悲しみや失望感があるぶんいきりあがったマクドの高校生とは違うと僕は思いますよ。

コメントを読んで僕だって自分のこと棚に上げて他人の行動を嘆いてるんだな~って思いました。

優越感を感じたい、という思いは否定したくてもありますもん。

でもあひるさんがいつか言ってたように何かを肯定することは何かを否定することだと思います。とりあえず僕は日記で書いたような人たちを否定します。


JAMの詞について、

確かに外国の人を切り捨ててしまってる感があるのはそうかな、と思います。

でも切り捨てないように僕らは何ができるのでしょうか。


ホテル・ルワンダという映画を見ましたか?

内乱の様子を記録した先進国の報道の人間に現地の人が、「今この国で起こってることを知らせてほしい」と言うんですね。

そしたらその人が「悲しいけど、この事態を知っても先進国の人は大変なことが起こってるな、と言いながらディナーを続けるんだよ」って言うんですって。

僕は映画を見てないけど、友達に聞きました。

ガツンときました。

今日も世界中で悲劇が起こりまくってます。
でもそれを知った僕らはかわいそうだ、たいへんだ、なんて同情しながらいつもと同じように腹いっぱい飯食って好きな音楽でも聴いてくだんない番組で適当に笑ってビールでも飲んでふかふかの布団でねむっちまうんです。

それをふまえたら、JAMの歌詞が身にしみます。

僕は何を思えばいいんだろう
僕は何を言えばいいんだろう


話はずれてきましたね。
いや、ずれてないのかもしれない。

とにかくこういう話はきりがないですね。
【2007/09/09 20:53】 URL | ワルマ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ワルマネット2, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。